施設申し込み

使用にあたって(準備・注意事項など)

責任者の決定

会場(舞台)責任者を決めてください。

打ち合わせ(主にイベントホール)

行事の円滑な進行を図るため、使用日の1か月前から10日前までに、舞台・音響・照明設備の使用、演出、会場整理などについて施設職員との打ち合せをお願いします。
その際、行事のプログラム・入場券の写し・進行スケジュールなどをお持ちください。
なお、打合せの日時につきましては、あらかじめご予約ください。
また、使用される施設の見学につきましては、使用状況によりお見せできない場合もございますので、事前にご確認ください。。
なお、研修室・スタジオ・創作室等で設備の使用が軽微な行事につきましては、打ち合せの必要はありません。

※ 施設内での飲食については施設職員にご相談ください。

関係官庁への届出

施設使用が許可された場合は、必要に応じ、次の関係機関へ手続きが必要となります。
A)火気及び危険物の使用
 千葉市中央消防署
 〒260-0854 千葉市中央区長洲1-2-1
 Tel 043-202-1615

B)会場警備など
 千葉中央警察署
 〒260-8510 千葉市中央区中央港1-13-1
 Tel 043-244-0110

C)ビデオ上映会・演奏会などを開催する場合
 JASRAC 社団法人日本音楽著作権協会 東京イベント・コンサート支部
 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-17-1
 日本生命新宿西口ビル10階
 Tel 03-5321-9881

必要な人員について

催し物によって必要になる舞台・照明・音響の技術者については、主催者で手配してください。経費についてもご負担ください。

非常時の対策

地震・火災などの非常事態に備え、非常口の位置・扉の開け方・避難の方法などを事前にご確認をお願いします。
また、来場者(観覧者)の避難誘導・救急措置など万一の場合にも対応できるよう、ご配慮をお願いします。

使用許可書の携帯

使用日当日に、必ず使用許可書を千葉市男女共同参画センター事務室にご提示ください。
許可書確認後、使用される施設の鍵をお渡しいたします。なお、鍵につきましては、施設使用終了後、千葉市男女共同参画センター事務室へ返却してください。

使用時間

使用時間には「使用機材の搬入・仕込み(準備)から後片付け・使用機材の搬出まで」の時間を含んでおりますので、時間厳守で催し物を終了してください。

附属設備・備品の使用

舞台・照明・音響設備・器具などの使用及び操作は、施設職員の指示を受けてください。

定員の厳守

各施設の定員は厳守してください。

看板などの掲示

施設内外の壁・柱・ガラスなどに張り紙はしないでください。看板・ポスターなどの掲示はあらかじめ施設職員にご相談ください。

火気・喫煙について

演出などで裸火・煙などを使用される場合は、施設職員との打ち合せのうえ、各所管の消防署の許可が必要です。喫煙につきましては、指定場所以外では行わないでください。関係者へのご周知の上、厳守ください。

給湯室の使用

湯呑・ポット・急須などの使用は千葉市男女共同参画センター事務室へお申し出ください。使用後は必ず、お戻しください。
なお、湯呑・ポット・急須等は数に限りがございます。

FAX・荷物について

FAXサービスは行っていません。また荷物などの事前預かりや発送も行っていません。

使用施設の管理

盗難防止のため、施設内への出入りにつきましては、十分にご注意ください。空室にする場合には、必ず施錠してください。
なお、盗難事故等につきましては、当財団では一切責任を負いません。

後片付け

催し物終了後は、施設及び附属設備・備品などを原状に回復し、施設職員の点検を受けてください。ダンボール・包装類・チラシなどのごみ類はお持ち帰りください。施設・設備・備品などを損傷したり、減失した場合には、直ちに施設職員にお申し出ください。


ページのトップへ▲